■ 配置基準 ■

line01

検定合格警備員の配置の基準

雑踏警備業務における検定合格警備員の配置基準

流動状態及び停止状態の雑踏形態

 

検定合格警備員の配置の基準 (規則2条) 詳細は警視庁ホームページをご覧下さい
以下の業務場所においては、それぞれの業務検定合格警備員を配置することが義務づけられました。
種  別  基  準
空港保安警備業務
  • 空港保安警備業務を行う場所ごとに空港保安警備業務に係る1級の検定合格警備員を1人配置すること。

  • エックス線透視装置が設置されている場合、空港保安警備業務に係る1級又は2級の検定合格警備員を1人以上配置すること(空港保安警備業務を行う場所ごとに配置される空港保安警備業務に係る1級の検定合格警備員を除く)。
施設警備業務
  • 防護対象特定核燃料物質を取り扱うものに係る施設警備業務を行う場合、当該施設警備業務を行う敷地ごとに施設警備業務に係る1級の検定合格警備員を1人配置すること。

  • 一の防護対象特定核燃料物質取扱施設ごとに施設警備業務に係る1級又は2級の検定合格警備員を1人以上配置すること(当該施設警備業務を行う敷地ごとに配置される施設警備業務に係る1級の検定合格警備員を除く)。

  • 空港に係る施設警備業務を行う場合、当該施設警備業務を行う空港ごとに施設警備業務に係る1級の検定合格警備員を1人配置すること。

  • 当該空港の敷地内の旅客ターミナル施設又は当該施設以外の当該空港の部分ごとに施設警備業務に係る1級又は2級の検定合格警備員を1人以上配置すること(当該施設警備業務を行う空港ごとに配置される施設警備業務に係る1級の検定合格警備員を除く)。

交通誘導警備業務
(岡山県内配置路線)
  • 高速自動車国道、自動車専用道路において交通誘導警備業務を行う場合、当該交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備業務に係る1級又は2級の検定合格警備員を1人以上配置すること。
  • 上記のほか、道路又は交通の状況により、都道府県公安委員会が道路における危険を防止するため必要と認められる場合、当該交通誘導警備業務を行う場所ごとに交通誘導警備業務に係る1級又は2級の検定合格警備員を1人以上配置すること。
雑踏警備業務
  • 雑踏警備業務を行う場所ごと(当該場所の広さ、予想される雑踏の状況、従事する警備員の 人数及び配置の状況、その他の事情により、当該場所で雑踏警備業務を適正に実施する為、当該場所が2以上の区域に区分される場合にはそれらの区域ごと)に、1級又は2級検定合格警備員を1人以上配置すること。
  • 上記に加え、雑踏警備業務を行う場所(当該場所の広さ、予想される雑踏の状況、従事する警備員の人数及び配置の状況、その他の事情により、当該場所で雑踏警備業務を適正に実施する為、当該場所が2以上の区域に区分される場合に限る)ごとに、1級検定合格警備員を1人以上配置すること。
核燃料物質等危険物運搬
警備業務
  • 核燃料物質等危険物運搬警備業務を行う場合、防護対象特定核燃料物質を運搬する車両又は伴送車その他の運搬に同行する車両のいずれかに核燃料物質等危険物運搬警備業務に係る1級の検定合格警備員を1人乗車させること。

  • 防護対象特定核燃料物質運搬車両ごとに、核燃料物質等危険物運搬警備業務に係る1級又は2級の検定合格警備員を1人以上乗車させること(前記により核燃料物質等危険物運搬警備業務に係る1級の検定合格警備員が乗車する車両を除く)。

貴重品運搬警備業務
  • 現金を運搬する車両ごとに、貴重品運搬警備業務に係る1級又は2級の検定合格警備員を1人以上乗車させること。
※ 警備業者は、上記表に掲げる警備業務を行うときは、検定合格警備員が当該警備業務に従事している間は、当該検定合格警備員に、当該警備業務の種別に係る合格証明書を携帯させ、かつ、関係人の請求があるときは、これを提示させなければならない(規則3条)。
○ 「規則」とは、警備員等の検定等に関する規則を指します。

上にもどる

 

line01

雑踏警備業務

上にもどる

line01

流動状態及び停止状態の雑踏形態
「祭り(花火大会同時開催)」※想定来客数40,000人 / 配置基準に基いた警備計画書(抜粋)
上記警備計画書に基づいた警備実施(当日警備員数138名 遊撃隊18名を含む)
警備員配置図(広域)を拡大・ラミネート加工(雨天対策)し、本部に設置しています
警備員配置図(広域)を拡大・ラミネート加工(雨天対策)し、本部に設置しています
警備本部での指揮の様子

写真の4人は雑踏警備業務検定1級保有
警備実施前に各ブロック警備隊長を集め統括指令を行っている様子
各ブロック警備隊長は雑踏警備検定資格保有者 1級12名、2級18名

上にもどる